アネモネの水遣りのポイント

アネモネの画像アネモネの画像

アネモネの画像アネモネの画像

 このページでは、アネモネを上手に育てて美しい花を咲かせるためのアネモネの水遣りのポイントについてご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。)

スポンサーリンク


 アネモネの水遣りのポイント


 アネモネの水遣りはメリハリを大切に アネモネの水遣りはメリハリを大切に

 アネモネは、乾季の長い地中海性気候の地域を原産とする球根植物ですので、基本的に過湿をとても嫌います。

 とはいえ、植え付けを終え、芽が出て葉が生長している期間に極端に水を切らすと生育が阻害されてしまいますので、土が乾いたら鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水を与え、再び土が乾くまで水遣りを控えるといった管理を心がけましょう。

 もしここで、通常の草花のように毎日朝夕に水遣りを続けると、最悪の場合球根が腐ってしまうといったことも起こります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アネモネ ‘ラッフルド スワン’
価格:864円(税込、送料別) (2017/5/1時点)

 必ず土の状態を確認して、土の表面が白っぽくなって乾いてきたらたっぷりと与え、再び土が乾くまで水は与えないといったメリハリのある水遣りを心がけてみてください。

楽天市場のアネモネの球根一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場のアネモネの原種一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の園芸用培養土の一覧は、こちらからご覧いただけます。

* * *

 ●当サイト、”アネモネの育て方”では、アネモネの上手な育て方と、美しく花を咲かせるコツや大切なポイントをご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。



アネモネの基礎知識




スポンサーリンク


アネモネの育て方





スポンサーリンク


 アネモネの育て方のトップページへ



●当サイトについて ●リンク集
プライバシー・ポリシー

金魚の飼い方・育て方

Copyright(C)アネモネの育て方 All rights reserved.

inserted by FC2 system